スマホやコンデジを使っているうちはほぼ気にする事もない『イメージセンサーのサイズ』、しかし単純に画質といっただけでなく、装着するレンズの焦点距離にも関係してくる重要な部分です。

今回はイメージセンサーごとのサイズの違いそれぞれの35mm換算計算について、ゆるーく解説致します。

イメージセンサー

イメージセンサー

この奥にある長方形の面。フィルムカメラで言うならばフィルムにあたり、レンズを通ってきた光を画像として処理する賢い板っきれが『イメージセンサー』です。

この写真はマイクロフォーサーズのミラーレスカメラなのでセンサーはかなり手前。一眼レフの場合はミラーボックスがあるのでもっと奥に控えています。

詳しい話になるとそれはもう面倒臭くて長い文章になってしまいますので、まずは現在デジタルカメラで使用されている主なサイズの種類から。

センサーサイズ

これ以外にも2/3型や1.5型など20種類近くありますが…とりあえず現在のカメラ事情ではこれだけ知っておけば問題無いかと。

現在デジタルカメラで主流となっているセンサーは最も大きな『フルサイズ』となります。
(それよりも大きな『中判』というサイズも存在します)

そしてよく耳にする『35mm換算』という言葉。

同じ焦点距離のレンズでも、センサーサイズが変われば画角は変わります。例えばマイクロフォーサーズ使用者が『8mmはめっちゃ広角だね!』と言った時、フルサイズの規格で考えたら『8mmなんて焦点距離あるかっ!』となってしまいますし、逆にフルサイズの人が『100mmでギリくらい』と言った時、APS-C使用者が100mmを覗けば『あれ?十分余裕じゃない?』と感じてしまいます。

『これ、何mmで撮ったの?』という疑問も、センサーサイズが違えば全く参考になりません。

この誤差を埋めるため、

『焦点距離の数字はセンサーサイズ35mm(フルサイズ)に換算して表記しようね』

…というお約束のようなものが『35mm換算』になります。

実際のところデジタルカメラのフルサイズは36mmなのですが、35mmと表現するのはフィルム時代の名残です。

「もうデジタルの時代なのに、どうして36mm換算と言わないの?いつまで過去に囚われているの?」とか言うのはやめましょう。いまだにフィルムにこだわっている人間はそりゃもう面倒臭い人が多いですから。

センサーサイズごとの計算式

自分の使っているレンズがフルサイズならばどの程度の焦点距離なのか…を知るためには、各サイズごとの計算式を用います。

計算式…なんて聞くと帯状疱疹が出る方もいるかもしれませんが、小学校レベルの簡単な掛け算ですのでご安心を。

APS-C(キヤノン以外)

x1.5

キヤノン以外のAPS-Cの計算は簡単。1.5倍で35mm換算になります。

APS-Cの100mmならばフルサイズでは150mm。50mmならば75mm。楽ですね。

逆にフルサイズで16mmと言われたら、APS-Cのレンズでは10mm。1.5で割る事になります。

APS-C(キヤノン)

x1.6

キヤノンのAPS-Cは他メーカーのAPS-Cよりも何故かちょっとだけ小さめ。1.6倍すれば35mm換算となります。例えば焦点距離10-18mm広角ズームレンズであれば、35mm換算で16-28mmズームレンズであるという事です。

小数点以下を切り上げるか切り捨てるかは人によって異なりますが、そこまで細かい事を考えなくても大丈夫かと思います。

マイクロフォーサーズ(フォーサーズ)

x2

マイクロフォーサーズはさらに簡単で、2倍するだけで35mm換算の出来上がり。

40-150mm望遠ズームレンズは35mm換算ならば80-300mmという事になります。

逆算も一瞬で、フルサイズ200mmの画角はマイクロフォーサーズならば100mmの画角です。

何倍ズーム?

これはちょっとオマケ。

レンズ交換式のカメラを使用していない人にとっては『〇〇mm』とか言われてもちんぷんかんぷん。むしろ『〇〇倍ズーム』と言われたほうがわかりやすいかもしれません。

ところがこの〇〇倍ズームという表現は非常にクセモノ。

観光地でオジサンなどから「そのレンズ、何倍ズーム?」とか聞かれると困ってしまうんですよね…。バズーカみたいな100-400mmを構えておきながら「え?4倍です」とか答えても、おそらくオジサンは納得しないでしょう…(汗)

ちょっとこれは説明が長くなりますので、別記事にて詳しく説明いたします。

何倍ズーム?一眼カメラのレンズを倍率で考える

コンパクトデジカメやスマホなど、レンズ交換式でないカメラを使っているのであれば『〇〇倍ズーム』という表現はなじみ深いかと思います。 しかし一眼やミラーレスなど、…

各サイズのメリット・デメリット

イメージセンサーのサイズによるメリット・デメリットは多々ありますし、使う人によっても評価は変わります。ざっくり言うと…

センサーサイズがデカけりゃ画質が良い!小さけりゃ画質は劣る!

センサーサイズが小さいと、同じレンズサイズでも焦点距離を稼げる!(より望遠が効く)

といったところです。上記の『何倍ズーム?』の項とも関係するのですが、コンパクトデジカメでさほどレンズが長くないクセに「60倍ズーム」とか「80倍ズーム」とかやたら望遠が効く機種が多いのはセンサーサイズが小さいためです。

コンパクトデジカメに多く使用されている1/2.3型センサーを35mm換算するには5.6倍となりますので、鬼ズームのコンデジ、ニコンのP1000の4.3-539mmというレンズを35mm換算すると・・・24-3000mmというアホみたいな焦点距離になるわけです(笑)

センサーサイズと計算式まとめ

使用しているのがフルサイズ機であれば計算もクソも必要ありませんが、APS-Cやマイクロフォーサーズを使っているのであれば35mm換算は必須の知識。

他の方の写真を参考にする場合なども「えーと、50mmでこの画角なのか…。という事は自分のカメラの場合は…」と計算する事は多々あります。慣れてくれば自然と自分のレンズを35mm換算の数値で呼ぶようになったりもします。

人から「これ何mmで撮ったの?」と聞かれた時のために、せめて自分の使っているカメラのセンサーサイズ計算は覚えておきましょう。

「これ何倍ズームで撮ったの?」と聞かれた時には、とりあえず「うーん、20倍?いや、50倍?そんなもん?」とか適当に答えておきましょう。大丈夫、そういう聞き方をしてくる人は詳しく説明してもこっちが疲れるだけですから…。

コメントを残す