カメラ女子

今回はストックフォトサービス『写真AC(PhotoAC)』について、写真撮影で副収入を得るための解説や注意点、稼ぐポイント、気になる金額は?などをご紹介します。

以前、同じくストックフォトサービスである『PIXTA』について登録方法や審査などの説明をしました。どちらも同じく『写真を登録して販売する』という形ですが、性質は大きく異なるのでその点も詳しくご紹介します。

写真AC (PhotoAC)

写真素材無料【写真AC】

写真AC(Photo AC)主な特徴

  • 写真素材を無料でダウンロード可能(プレミム会員登録は有料)
  • クレジット表記無しで商用利用可能
  • プレミアム会員になれば各種特典あり

なにがスゴいって素材を無料で使用できるんです。

しかもそれをクレジット表記等無しでブログなどに使用可能。商用利用も可能。

その手軽さから登録会員数は非常に多く、法人や副業ブロガー・アフィリエイターだけでなく趣味のブロガーからも多く利用されています。

それゆえ他のストックフォトサービスとは比べ物にならないダウンロード数を見込むことができますが、そのぶん単価は激安。大量に写真を登録して枚数で稼ぐ、薄利多売系のストックフォトになります。

写真ACの注意点

まずは最も大事な部分から。

この写真AC (PhotoAC)は、他のストックフォトサービスとは別モノとして写真をアップロードする必要があります。

その理由は…

著作権は譲渡する

写真ACでクリエイターとして活動していくにあたって最も重要なのがこの部分です。

法律に関する話ゆえ、詳しく書くと長くなるうえに小難しい文章になってしまいますので…ざっくりとご説明を。

他のストックフォトサービスはそのほとんどが、アップロードした写真の【著作権】は自分が保有したまま【使用権】を与えるという形になります。

「この写真は私のだけど、自由に売って良いよー」という事です。売れたらその対価としてお金をいただきます。

しかしこの『写真AC (PhotoAC)』の規約では、アップロードした時点で【著作権】は写真AC側に移行します。

写真をアップロードしたことにより、会員は、写真の一切の著作権(著作権法27条及び28条の権利を含む)を弊社に譲渡し、以後、写真に関する著作権は弊社に帰属します。

写真AC利用規約・写真のアップロード[4]より

(上記「著作権法27条及び28条の権利」とは、「27条・翻訳権・翻案権」著作物に手を加えて新たな著作物・創作物を生み出すこと、「28条・二次的著作物の利用に関する権利」生み出した二次的著作物を利用する権利)

つまり…自分で撮った写真ではありますが、写真ACにアップロードした時点であなたに著作権はありません。あなたの写真を利用して写真ACが何をしようとも自由、文句を言う権利もありません。

ただし!一切の著作権を写真ACに譲渡していても、アップロード写真に何かしらの問題(著作権・肖像権等)があった場合の責任はこちらにあります。「著作権を譲渡したから関係ありません」は通りません。

なんとも虫のいい話ですが、規約にそう記されている以上どうにもなりません。

写真をアップロードした会員は、アップロードした写真について,第三者との紛争が生じたときは、自らの責任と負担において紛争を解決するものとし、弊社に何ら迷惑をかけないものとします。また、万一、弊社に損害が生じた場合、会員は弊社に対して、ただちに弊社が被った一切の損害を賠償しなければなりません。

写真AC利用規約・写真のアップロード[9]より

なおアップロード以前に自分のブログ・SNS等で使用していた場合は削除する必要はなく、アップロード時に該当URLを申請すれば問題無し。

そして少々ややこしいのですが、写真ACでは『アップロードした素材を他のストックフォトサービスに同時登録することも問題ない』とされています。つまり写真ACと他のストックフォトサービスに同じ写真を登録しても良い…という事です。ところがココも要注意

写真ACに登録した作品を他のストックフォトサービスに登録するという事は、すなわち「自分に著作権のない写真をアップしている」という事になります。

基本的にストックフォトサービスというのは『自分が著作権を有している写真を登録する』というのが原則ですので、いくら写真AC側が良いと言っていても、他のストックフォト側の規則に反する可能性があります。

そして写真ACにアップしてしまった素材をフォトコンテストなどに応募することもできません。フォトコンテストも原則として、応募者が著作権を所有している作品のみ応募可能ですので。

審査は甘い、ただし不可解

アップロードする写真のクオリティは人によって大きく変わってきますので、審査に関して一概に甘いとか厳しいとか言えるものではありませんが、一個人の感想としては、

甘すぎるにも程がある

といった印象。

現在、私が『写真AC(PhotoAC)』にアップロードした写真は99%審査通過しています。

とにかくアップすればアップしたぶんだけ審査が通り、ごくまれに審査落ちとなるのは『ブログ等で使用していた写真のURL申請を忘れた』『施設名をタグに入れ忘れた』『うっかりロゴが入ってしまっていた』といった場合のみ。

審査期間も短く、大量にアップしても2~3日でポンポンと審査通過していくため…もはや「本当にチェックしてる?」と疑わしくなるレベル。

まったく写真に慣れていない方がスマホでポン撮りなどは保証できませんが、基本的な撮影技術さえあれば写真クオリティに関する審査は気にする必要もないでしょう。

ただし、ときおり不自然な審査落ちが発生する事もあります。

追記)

後述する「クリエイター同士でタグチェックをさせる」というシステムのせいもあるのか、写真ACは審査基準が非常に曖昧で雑。

『タグが不適切』との理由で審査落ちになった写真を再チェックしても、どう考えても適切なタグ以外使用していない。試しにそのまま同じタグで再審査に出してみると、なぜか審査通過・・・といった事もあります。

『構図が適切でない』などの理由も納得がいかない場合は多々あり、写真の素人がチェックしている感すらあります。

それ以外にも、自社素材である『acworks』の名で公開されている写真が使用している手法(分割やフキダシ等)でも、こちらが同様の手法を使用すると「ストックフォトとして適切ではない」とはじかれてみたり…。

他のストックフォトサービスと比べると審査基準と運営体制に疑問を感じる部分は多々あります。

人物写真に注意

風景やブツ撮りだけでなく、人物モデルを含めた写真をアップできるならばそれは大きな強み。

しかし人物の写った写真を素材登録したい場合には『モデルリリース』という手続きが必要になります。

モデルリリースとは?

人物写真をアップする場合、そのモデルから『写真ACで販売することを許可します。何かあっても文句言いません。お金も請求しません』という旨の同意書に住所・氏名・捺印をいただかなければなりません(同意書は写真ACでダウンロードできます)。

個人を特定できる人物写真の場合、必ずこの書類を添付しなければなりません。

家族や友人、もしくはモデル契約した方など、本人の了承が得られる場合はしっかりとモデルリリースの書類を添付しましょう。(同一人物であれば毎回書いてもらう必要はありません)

しかしここでも注意点が一つ。

写真ACの規約では『後ろ姿等、個人を特定できない写真であればモデルリリースは不要』とされているものの、街でのスナップ写真など「本人が撮影されている事に気づいていない可能性のある写真」は後ろ姿だろうが覆面姿だろうが審査を通らない事が多いです。

どう見ても個人を特定できないのに『モデルリリースが必要』とされて審査オチになるのはこのパターンです。

アマチュアフォトグラファーがよくやる『撮り逃げ(カメラに気づいていない通行人を勝手に撮影し、そのまま立ち去る)』の場合、モデルリリース無しでは通らないことがあります。

どのくらい稼げるの?

パソコンびっくり

写真ACの単価は非常に低いです。

クリエイターに入る金額は『1ダウンロードにつき、3円前後(条件により微差あり)』

他ストックフォトサービスでは安くても1ダウンロード数十円以上は見込めますが、ACはたったの3円です。

ただし、登録会員が無料でダウンロードできるという点から、他ストックフォトよりも動きは活発。

私は初めて登録した際、まず手始めに100枚ほどアップしてみたのですが、その翌日には10前後のダウンロードがありました。

では具体的にいくらくらい稼げるのか?というと・・・

この記事を書いている時点で、写真ACに登録しているクリエイター数は『約10万人』

私はダウンロード数ランキングで『1000位前後』ですので、『上位1%』のあたりにいる事になります。

その順位での売り上げ金額は・・・

月に1000円程度

です。

これを多いと感じるか少ないと感じるかは人それぞれでしょうが、上位1%に入ってやっと月1000円です。

ストックフォトのタグ付けに関する記事はコチラ

『ストックフォトのタグ付け』売れるためのヒントと注意点

ストックフォトにおける『タグ付け』は、検索ヒット率や売り上げに大きく変わる大事な要素です。 売れるタグの付け方や注意点、タグ付けを楽にする方法などをご紹介します…

写真ACで売れにくい写真

ここが難しいところなのですが・・・

写真AC内で検索していただくとわかるように、『サラリーマンのガッツポーズ』『お姉さんが指一本立てて、ここがポイント!』といった需要の多い写真は総ダウンロード数もかなり多いです。

ところが…そういった売れ筋系写真はアップする方も腐るほどいるため、後から参入してもむしろダウンロード数が伸びない事も。

毎日のダウンロード数ランキングをチェックすると、決まって『淡くて綺麗な青空の写真』が上位に複数ランクインしていますが、ここで「じゃあ私もガンガン綺麗な青空を撮って売ろう!!」と考えるのは危険。

空なんて見上げりゃ誰の上にもありますから、カメラがあって綺麗に晴れていれば誰でも撮れます。そういった写真はたとえ売れ筋路線であろうともダウンロード数を伸ばすのは非常に難しくなります。

現時点でNice!の多くついた人気写真に勝る自信がある方はそういった売れ筋路線で勝負をかけても良いとは思うのですが・・・あなたと同じように考え、同じような写真をアップする人もたくさんいるという事をお忘れなく。

写真ACで売れやすい写真

じゃあ何が売れやすいの?という事になると…

写真ACは著作権譲渡という部分がありますので、人物写真に関しては他のストックフォトサービスよりも強力なライバルは少ないです。ただし「比べれば少ない」というだけで、ハイクオリティな人物写真をガンガン投入してくるクリエイターは数多くいます。(他のストックフォトサービスはそれ以上にいる、という事)

人物写真にはモデルリリースというハードルがありますので、その中に混ざって人物写真で勝負できるならばそれは有利です。なお人物写真はダウンロード単価も高くなります(1ダウンロードにつき約5~10円)。

もし今から「写真ACを始めてみよう!」という方でそれなりにダウンロード数を稼ぎたいと思うのならば、人物写真であろうとそれ以外の写真であろうと…『ライバルの少ない写真で勝負』です。さきほども述べましたが、似たような作品が大量にあるとよほど目を引かない限りダウンロード数は伸びません。

自分で写真AC内の検索を使い、他に写真があまりないワードを見つけて投稿するのが有効です。

サイト内でダウンロード会員からの素材リクエストや、現在のダウンロード上位ワードなども確認できますので、その時々に応じて臨機応変に作品をアップすることができればさらに反応が違ってきます。

簡単には撮れない状況の写真(山の奥地や、海外など)もライバルが少なくダウンロード数を伸ばす事ができます。

もしあなたが珍しい職種に就いているのであれば、仕事の道具や風景などをアップする事も効果的。とにかく『人と違う写真(撮れない写真・撮らない写真)』を意識する事が有効です。

写真AC (PhotoAC)で稼ぐ方法・まとめ

写真ACはとにかく、ダウンロードする側から見ても作品を投稿するクリエイター側から見ても、非常にライトな感覚で使えるストックフォトサービスになります。

利用者も1枚1枚にお金を支払う必要がないので「とりあえずダウンロードしておくか…」と気軽に利用してくれますし、投稿者としても審査が緩いので「とりあえずこれもアップしておくか…」と気軽に投稿できます。

写真ACに向いている人

・写真を撮るのが好き。人よりも多くの作品をアップできる。

・自分の作品が少しでもお金になれば満足

・著作権は放棄してもかまわない

・カメラは持っていないけど、スマホでもストックフォトを始めたい

とにかく審査が甘く、アップロード上限もありませんのでガンガン写真をアップして数で勝負。というか、ある程度の素材数を抱えないとほぼ収入に繋がりません。

他のストックフォトサービスに比べると運営側の質が良いとは思えませんので、あまりのめり込まず適当にぽんぽん撮ってぽいぽいアップし、いつの間にかお小遣いが貯まってりゃ儲け…といったノリでの使用がよろしいかと。

くれぐれも著作権譲渡の部分だけは忘れずに。「もう捨てても良い」「自分の写真じゃなくなっても良い」、そう思える写真のみアップロードするのが精神衛生的にも良いと思います。

私の場合、撮影してきた写真の中で『作品』としても『他ストックフォト』としても使用できないレベルものは、現像ソフトのテンプレート処理でJPEGに焼いて写真ACに登録、そしてPCからは削除。そういった使い方をしています。

言い方は悪いですが、いわば『小銭を生むゴミ箱』です。

なにせ著作権譲渡ですからね。

それでも審査は通りますし、ストックフォトとはどんな感じなのか?を知るためには手軽なサービスだと思います。

写真ACを始めようか迷っている方も、これから始めようと思っている方も、まずはダウンロード会員として登録してみてはいかがでしょうか。

どういった写真が多く目につくのか、他にどんな写真が並んでいるのか…ダウンロードする側として見る事で作品作りのヒントになったりしますよ。

登録はコチラ↓

写真素材素材【写真AC】

コメントを残す